2019年09月09日

あおり運転

近年社会問題化してきているあおり運転ですが、現状それ自体を罰する規定はありません。その為か、先日、常磐道あおり運転・強要容疑で再逮捕された宮崎容疑者のような人が後をたちません。警察があおり運転をめぐり、道交法違反(車間距離保持義務違反)で昨年1年間に取り締まりを行った件数は、1万3025件に上ります。2017年に東名高速道路であおり運転を受けた夫婦が死亡する事故があったにも関わらず、その翌年に取り締まりを受けた数が1万を超えているというのだから驚きです。それ自体が法律で禁止されていることではないので、やっている本人たちには罪の意識がないのかもしれない。もしかするとなかにはGAME感覚で面白がってやっている人もいるかもしれません。
このあおり運転が後を絶たない状況を受け、警察庁はあおり運転自体を処罰する規定の創設などについて検討を進めているそうですが、こういった人たちを早く適切に取り締まれるようにし、その罰則が抑止力となってくれることを期待しています。


Posted by イラオイ at 11:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。